便秘の改善に善玉元気を摂取するべき理由

善玉元気は「短鎖脂肪酸」が配合されているので便秘に改善だけではなくダイエットにも効果的

*

便秘の改善に「善玉元気」を飲むべき理由

肌荒れや肩こり、不眠や頭痛など、多くの方を悩ませている症状の中に「便秘」があります。便秘は男性よりも女性に起こりやすい症状で、慢性化すると腹痛や肌荒れ、倦怠感などが現れることもあります。長期的な便秘に悩まされないためにも、便秘の基本情報と今すぐできる対策を学んでいきましょう。

便秘は誰にでも起こりうる症状

便秘は誰にでも起こる身近な症状で病気ではありません。そのため「放置していてもいずれかは治る」と軽視されがちで対策をとらずそのままにしてしまう方が多いようです。

しかし、便秘が慢性化すると体の中で異変が起き、次第に様々な影響を及ぼすようになります。便が溜まることによって腸内が汚れていき、腸内から発生した有害な物質が全身へと行き渡ります。すると肌荒れや体臭、お腹の張りや倦怠感などの症状が現れるようになるのです。

便秘の原因を知ろう!

便秘は体質や生活習慣など様々な原因が積み重なって起こるため、原因を確実に特定することは簡単ではありません。そのため、まずは便秘の主な原因を知り、自分の行動や生活習慣に当てはまるところはないか確認してみましょう。

食生活の乱れ

食生活の乱れは腸内環境の悪化へとつながります。野菜を食べず肉中心の食事を続けたり、発酵食品を一切摂らない食事を続けたりすると便秘が悪化しやすくなります。

また食べるものを制限する食事制限ダイエットも便秘の原因になります。当たり前のことですが、過度な食事制限を続けると便を作るネタがなくなるのです。

特に糖質制限はダイエットにはなっても便秘にはよくありません。お米やパンから摂取する糖質は便の源になる大事なタネになります。

ストレス

便秘とストレスは一見すると無関係のように感じますが、ストレスは自律神経を乱し、それが便秘に繋がるケースがあります。また、ストレスは便秘だけでなく下痢や軟便を引き起こす原因にもなります。

固形ではないけれど下痢でもない、そのような便を「軟便」といいます。対処せず放置してしまう方が多いかと思いますが、軟便はお腹の不調のサイン。軟便が慢性化しないよう、しっかりと対策を取っていきましょう。

生活習慣の乱れ

朝食抜きや夜更かしなど、生活習慣の乱れは体のリズムの乱れにもつながります。体のリズムが崩れてしまうことで、腸の働きが弱まり便秘を起こしやすくなります。

あなたはどれ?便のタイプは大きく分けて4つ

便の形状には大きく分けて4つのタイプがあります。あなたの便がどのタイプに当てはまるのかを確認してみましょう。

1.バナナ型(普通便)

バナナタイプの便は普通便とも呼ばれており、健康状態が良い時に出る便です。色は黄色もしくは黄褐色で、一回に1~3本ほど排出されます。水分量は70~80%で適度に軟らかく、いきまなくてもストンと落ちるように出るのが特徴です。

2.コロコロ型

コロコロ型の便は、硬便とも呼ばれることのある、水分が少なく硬い便のことです。水分量は60%程度でウサギのうんちのようにコロコロしており、量が少なく残便感があるのが特徴です。強くいきまなければ出すことができず、また出す時に痛みを感じることもあります。

3.ヨーグルト型

ヨーグルトのように固形物が溶けたような形状の便を軟便といいます。水分を80~90%程度含んでいるため、バナナ型のような排出後のすっきり感はありません。色は黒色~黒褐色で、一度に出すことができず、数回に分けて出さなければならないこともあります。

4.泥水型

泥水型は一般的に下痢と言われる、90%以上の水分を含んだ液状の便のことです。腹痛を伴うことが多く、急いでトイレに駆け込まないと漏れそうになってしまうというケースも珍しくありません。一度にカップ1~2杯程度の泥水のような便が出るのが特徴です。

バナナ型の便を出すためには?

バナナ型、コロコロ型、ヨーグルト型、泥水型の中で、もっとも健康的なのはバナナ型の便です。硬便や軟便、下痢が長期的に続くような場合は要注意。腸内環境が悪化し、腸の機能が低下している可能性があります。

善玉菌を優勢にして腸内環境を整えるためには、食生活の改善を行うことが重要です。乳酸菌を含んだ発酵食品や食物繊維を多く含む食材は、善玉菌の活性化に繋がりますので積極的に摂取しましょう。また、食事だけでなく適度な運動や規則正しい生活、水分補給やストレス発散などを意識することも大切です。

そして硬便や軟便は病気が原因で起こることもあります。生活を改善してもバナナ型の便が出ない場合は、一度医療機関で診察を受けるようにしてください。

今すぐできる便秘対策

日々の生活にちょっとした工夫を取り入れることで、便秘の症状を改善することができます。

寝起きに一杯の水を飲む

起床後は内臓の働きが弱まっています。そこにコップ一杯の水や白湯を流し込むことで、腸が刺激されぜん動運動が活発になり、排便を促すことができます。

朝ご飯を食べる

忙しい朝は、ついつい朝食を抜いてしまいがちですよね。しかし、朝食を抜くと腸の働きが鈍くなり便が出づらくなります。軽いもので構いませんので、朝も食事をとるようにしましょう。

日中は体を動かす

日中はしっかりと体を動かし、体のリズムを整えるとともに腸を刺激しましょう。ウォーキングやランニングなど、軽い運動を取り入れることも大切です。

腸に良いものを取り入れる

腸内環境改善には、発酵食品や食物繊維が豊富な食材が効果的だといわれています。ヨーグルトや納豆、海藻類や野菜類などを意識して食事にとりいれましょう。

また発酵食品や食物繊維が思ったように摂れない方は、サプリメントで摂取して腸にイイコトをアシストしていきましょう善玉元気というサプリはチョットお高いサプリではありますが、「35種種類の善玉菌」と「短鎖脂肪酸」を摂取できる贅沢品。

もちろん腸に有効な成分なので食事から摂取できるのがいちばんです。ただ面倒なことなく一度にゴクッと整腸作用に有効な成分を摂取できるのでとっても手軽で効率がいいのは確かです。

お値段以上の効果を感じることができれば、むしろ安いと感じるくらいです。

善玉元気 口コミ

夜はリラックスして過ごす

リラックスして過ごすことにより、副交感神経が優位になり質の高い睡眠をとれるようになります。睡眠の質を高めることは腸内環境の改善にも繋がりますので、夜はリラックスできる時間を作るようにしましょう。

おわりに

便秘の原因は一つとは限らないため、あらゆる面を見直して改善していく必要があります。食生活の改善や運動、ストレス解消や睡眠の質の向上など、あまり難しく考えず、できることから始めてみましょう。

Copyright© 便秘の改善に善玉元気を摂取するべき理由 , 2018 AllRights Reserved.