夏のスーツは汚れよりニオイ重視!宅配クリーニングで週1ローテ

宅配クリーニングの利用ガイド

夏のスーツは汚れよりニオイ重視!宅配クリーニングで週1ローテ

投稿日:

毎日変えるのはワイシャツとネクタイだけでいい。確かに汚れさえ目立たなければ、少ないスーツで着回ししてても問題ないでしょう。

でも汗をかく季節はその考え方を改めて、ワイシャツ同様スーツもこまめに洗ったほうがいいかもしれません。

なぜなら「臭いスーツ」を着ていると自己管理ができない人間だと思われ、顧客や部下からの評価を下げる要因になってしまうからです。

単身赴任までして「スメハラ」で仕事人生が下り坂になるのは本望ではないはず。ただワイシャツですら買い増ししている状況で、スーツをこまめにクリーニングに出すのはハードル高いですよね。

でも宅配クリーニングなら自分が店舗に出向く必要がありません。クリーニングに出すときも引き取るときも、あなたが決めた時間に宅配業者さんが対応してくれるので、キレイなスーツやワイシャツが定期的に届くようになります。

この記事では忙しい単身赴任のビジネスマンでも、ワイシャツを買い増しせずスーツをこまめに洗える宅配クリーニングを紹介します。

宅配クリーニングでスーツやワイシャツのニオイをケアしたほうがいい理由

宅配クリーニングでスーツやワイシャツのニオイをケアしたほうがいい理由

1.柔軟剤や消臭スプレーよりもお肌にいい!

ワイシャツを洗う際には柔軟剤を、スーツなら衣類用の消臭スプレーでニオイのケアをしている単身赴任ビジネスマンもいるかもしれません。

ただ抗菌を謳った柔軟剤や消臭スプレーには、得体の知れない化学物質がたくさん使われています。(参照記事⇒ちょっと待って"その香り"有害物質が潜んでいる!!

ワイシャツやスーツは地肌と1日中接触しています。自分でワイシャツを洗っている方でニオイが気になる方は、洗濯機もしくは洗い方に問題があるかもしれません。

洗濯機なら洗濯槽をキレイに、洗い方ならニオイの元となる雑菌が残らない洗い方を試してみましょう。(参照記事⇒NHKガッテン 梅雨を快適に!いや~な部屋干し臭 一発解消SP

「そこまでやるのは面倒くさい...」そう感じた単身赴任ビジネスマンは宅配クリーニングに出すほうが簡単です。プロがする洗濯ならキレイになるだけではなく、ニオイまでしっかり取ってもらえます。

2.クリーニング店を往復せず簡単に洗濯できる

クリーニングに出そうと準備はしても、仕事で遅くなって出せない日もたくさんありますよね。また休みの日に雨だったり寒かったりすると、つい後回しになるのがクリーニング。

でも宅配クリーニングなら仕事で遅くなっても申込めて、天気が悪くても後回しになることがありません。同じワイシャツを着回ししてニオイの心配をすることもなくなります。

またシャツ不足になって買い増しすることもなくなるので、衛生的になるだけではなく経済的にもなるのが宅配クリーニングの特徴です。

3.安定したサイクルでキレイなスーツやワイシャツを着られる

自分で洗濯したりクリーニングに出していると、仕事の忙しいと洗濯物が捌ききれなくなりますよね。休みの日に洗濯物の処理をすると貴重な時間が奪われてしまいます。

ビジネスマンにとって時間は命。休日も例外ではありません。英語や資格など、新しいことを学ぶのに「時間の確保」は最重要課題となります。

宅配クリーニングの魅力は大切な時間を奪われないこと。宅配クリーニングで洗濯物を済ませる習慣をつけておくと、時間を使わずにワイシャツやスーツがにキレイになります。

汗をかく季節はワイシャツの枚数も溜まりやすくなりますよね。夏場は自分で洗濯したり、クリーニングに持っていったりするよりも、宅配クリーニングで汚れと臭いをケアしたほうが時間確保の面でも最適です。

どんな宅配クリーニングを選べばいいかはこちらのページに詳しく記載していますので参考にしてください。

単身赴任ビジネスマンにおすすめ!宅配クリーニング10社を徹底比較

スーツやワイシャツのニオイの原因と対策を徹底究明

スーツやワイシャツのニオイの原因と対策を徹底究明

油汚れ

体についた食用油は洗い流せばすぐ取れますが、スーツやワイシャツやに付いた油は繊維の奥に染みこむ性質があるために時間が経つほど取れにくくなる性質があります。

スーツやシャツに油が付いたときは、出来るだけ早くティッシュやハンカチなどの乾いた繊維に移すといいでしょう。ただし、目の前にあるおしぼりを使うのは控えましょう。

おしぼりには「塩素系の漂白剤」が使われていることが多いため、焦っておしぼりを使うとせっかくのスーツが色落ちする原因にもなります。

タバコの煙

ワイシャツについたタバコのニオイは水溶性の汚れになるため、普通に洗濯すれば簡単に取れます。ただスーツについたタバコのニオイはクリーニングという選択肢になりますよね。

クリーニングに出す場合は、通常のドライクリーニングとウェットクリーニングを加えておくと消臭効果が長持ちします。

カビ

スーツ選びはどうしてもお気に入りに偏りがちになります。そのため1年ぶりに着てみるとなんだかカビ臭かった経験をした単身赴任ビジネスマンも多いことでしょう。カビ対策には3つあります。

1.白カビの場合

ぬるま湯に浸したタオルなどで丁寧に拭き取れるのが白カビです。全ては取れない可能性はありますが、応急処置として目立たない程度には取り除くことが出来ます。

2.黒カビの場合

カビそのものは塩素系や酸素系いずれの漂白剤でも落とせる可能性はあります。ただ塩素系の場合は色落ちのリスクがあるためNG。酸素系は50℃くらいのお湯でつけ置きできる余裕がある方ならOK。

面倒なことをしたくない方は宅配クリーニングに出したほうが無難です。

3.実はクローゼットの中がカビ臭い場合

カビが付着していないのにカビ臭い場合、クローゼットの中にカビが付着していると衣類もカビ臭くなります。

雑菌

部屋干しするとニオイが残る。洗濯物のあるあるですが、実はニオイの要因は部屋干しではなく洗濯で落とし切れていない雑菌が原因だということがわかっています。

できる対策としては洗濯機に40℃~50℃のお湯を入れて洗うと雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。また家庭用では温度的に難しいかもしれませんが、60℃以上の乾燥機を使っても同様の効果が得られます。

ペット

ペットの獣臭は洗剤と一緒に重曹を入れると取りやすいです。洗剤と重曹の割合は1:1。40℃~50℃のお湯を入れて洗うとさらに効果的です。

単身赴任ビジネスマンでペットを飼っている方はほぼいないと思いますが、家族のもとにペットがいる方は参考にしてください。

加齢

加齢臭になるのは年齢を重ねるとともに、皮脂や汗にノネナールという成分が増えてくることが原因です。

油汚れと同じで体のにおいは洗い流せばすぐ取れますが、衣類についた皮脂や汗は繊維の奥に染みこんでいくため簡単には落ちません。

40℃~50℃のお湯を入れて洗う。もしくは60℃以上の乾燥機を使って乾かすことで加齢臭のニオイを取り除くことができます。

まとめ

スーツやワイシャツのニオイ対策についてお伝えしました。見た目の汚れは客観視できますが、ニオイの評価はどうしても主観的になりがち。自分でもわからないこともありますよね。

職場でスメハラの加害者にならないためにも、スーツやワイシャツはこまめに洗いましょう。ニオイひとつで評価が落ちるのはもったいないです。

とはいえ、ワイシャツは簡単に買い増しできてもスーツだとなかなか出来ないですよね。スーツを買い増すにはお金もかかるしクリーニングに出すには手間もかかります。

時間を大切にする単身赴任ビジネスマンは宅配クリーニングを積極的に利用してみるといいですよ。きっと楽になるはずです。

-宅配クリーニングの利用ガイド

Copyright© 単身赴任ビジネスマンにおすすめ!宅配クリーニング10社を徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.